FPの知恵・要望を結集したライフプランソフト開発ブログ

家計分析・シミュレーションソフト「FinancialTeacherSystem」や、家計に関する情報をお届けしています

相続と遺贈で異なる点

相続と遺贈とで扱いが異なる内容をいくつか列挙しています。
やや細かい内容になりますので、余裕のある方で結構ですから、試験直前の整理にご活用ください★


■不動産の所有権移転登記

相続の場合は、相続を受けた相続人が単独で所有権移転登記を行えます。
遺贈の場合は、遺贈を受けた受遺者と、相続人が共同で所有権移転登記を行います。

■不動産の権利の取得

相続の場合は、登記がなくても第三者に対抗できます。
遺贈の場合は、登記をしなければ第三者に対抗することができません。

■借地権、借家権の移転

相続の場合は、権利移転について賃貸人の承諾は不要です。
遺贈の場合は、権利移転について賃貸人の承諾が必要になります。

■農地の移転

相続の場合は、権利移転について農業委員会などの許可は不要です。
遺贈の場合は、権利移転について農業委員会などの許可が必要になります。

■代襲相続の有無

相続の場合、代襲相続の適用があります。
遺贈の場合、代襲相続の適用はありません。

======================
【次回 FP技能士3級・2級合格勉強会のご案内】
資格取得を目指す方々が集まり、一緒に楽しく学びあう勉強会です。
みんなで楽しく学びたい方、一緒に学びあう仲間が欲しい方、ぜひお気軽にご参加ください。

次回は、7月以降に開催予定です。
当勉強会自体もリニューアルをしていきます。お楽しみに!
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2012/05/22(火) 22:32:12|
  2. 相続・事業承継
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

建物買取請求権

借地権の期間が満了となり、その後契約の更新がない場合、借地権者は地主に対して建物を時価で買い取ることを請求することができます。これを、建物買取請求権と言います。

↑ここまでは多くのFPテキストに載っている内容です。
↓ここからは、FPテキストにあまり載っていない一歩進んだ内容、日常生活に役に立つ内容です。

借地権の契約期限が満了した時、土地の借主から建物買取請求権を行使された場合、地主はその建物を時価で買わなくてはなりません。
地主は、この建物買取請求権を拒否することはできないのです。
このことは、借地借家法第13条1項(同趣旨・旧借地法第4条2項)で規定されています。
言い方を変えると、土地の賃貸借の契約の終了時に、建物を地主に売りつけることができるというわけです。

なお、地主と借主が、合意の上で賃貸借契約を解約した場合、この建物買取請求権を行使することができません。過去の最高裁判所の判決でも、合意のもとで借地権契約を解除すると、借地人が建物買取請求権を放棄したものとみなされるのです。

また、借主が地代を払わなかったり、その他の契約違反をしたなど、借主に落ち度がある場合には、賃貸借契約の解除に当たって建物買取請求権を行使することはできません。

======================
【次回 FP技能士3級・2級合格勉強会のご案内】
資格取得を目指す方々が集まり、一緒に楽しく学びあう勉強会です。
みんなで楽しく学びたい方、一緒に学びあう仲間が欲しい方、ぜひお気軽にご参加ください。

■5/20(日) 第16回FP技能士3級・2級合格勉強会
今回のテーマは、FP技能士試験の2分野である「不動産」「相続・事業継承」です。この2つの分野において、試験に出やすい点、間違えやすい点を中心に取り上げて、学習していきます。
学科試験対策と、実技試験対策の内容の2部構成です。試験範囲の内容を日常生活に役立てたり、FP実務に関連する内容も取り入れていきます。

当勉強会には、受験有無、受験日時、学習の進度に関係なく、どなたでもご参加いただけます。
申し込み、詳細はこちらから!
http://money-study.net/fp/session/
関連記事
  1. 2012/05/13(日) 19:38:13|
  2. 不動産
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

著者:「FPの知恵・要望を結集した無料のライフプランソフトFinancial Teacher System」開発チーム代表 佐藤潔之

著者:「FPの知恵・要望を結集した無料のライフプランソフトFinancial Teacher System」開発チーム代表 佐藤潔之



金融業界でシステム開発に関わっているITコンサルタント・システムエンジニアです。当ライフプランソフト(家計分析シミュレーションソフト)はどなたでも使えるフリーソフトなので、どうぞご利用ください。

マネーやFPに関する勉強会を複数運営しています。詳しくは下記リンクの項目をご覧ください。

保有資格:FP1級/証券外務員1種/簿記2級/データベーススペシャリスト/情報セキュリティスペシャリスト/応用情報技術者/Microsoft認定ITプロフェッショナル

リンク

QRコード

QR

検索フォーム

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

未分類 (4)
FP関連の勉強会 (36)
ライフプラン・家計 (34)
年金・社会保険 (38)
保険・リスク管理 (52)
金融資産運用・経済 (58)
税金 (30)
不動産 (45)
贈与・民法 (14)
相続・事業承継 (49)
FP試験関連 (4)
ビジネススキル (12)
筆者のつぶやき (47)
マーケティング (10)
ライフプランソフト/金融シミュレーションソフト (156)
IT関連 (33)

RSSリンクの表示

月別アーカイブ