FPの知恵・要望を結集したライフプランソフト開発ブログ

家計分析・シミュレーションソフト「FinancialTeacherSystem」や、家計に関する情報をお届けしています

小規模宅地の貸付事業用宅地の評価減の特例

貸付事業用宅地の評価減の特例を利用できる場合には、200平方メートルまでの面積について50%の評価減とすることができます。

この特例でいう貸付事業用宅地等とは、建物などの建築物がある敷地を指します。
つまり、単に土地を貸しているだけの場合はこの特例を適用できません。土地の上に建築物があり、その建物を貸し付けているのであれば、その土地は特例の適用の対象となり得ます。

小規模宅地の評価減の特例は、適用できる/できないの判断の分かれ目が複雑です。
土地に関するアドバイスをするときには、このような細かい点までキチンと理解しておくことが大切ですね。

======================
【次回以降の、FP技能士3級・2級合格勉強会のご案内】
資格取得を目指す方々が集まり、一緒に楽しく学びあう勉強会です。

■8/18(土) テーマ:金融資産運用とタックスプランニングの2分野(第19回)
■8/26(日) テーマ:相続・事業承継の分野(第20回)

いずれの勉強会も、学科試験対策、実技試験対策の模擬問題を解いた後、答え
合わせは参加者のみなさんで会話をしながらのグループワーク形式で進めていき
ます。参加者同士で交流したり情報交換しながら、楽しく学べる勉強会です★

参加申し込み、詳細はこちらから!
http://money-study.net/fp/session/
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2012/07/31(火) 22:36:00|
  2. 相続・事業承継
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

携帯を2年以内に解約すると1万円支払うという「2年縛りルール」は消費者契約法に違反

携帯電話を契約するとき、2年間使用を継続しないと解約時に1万円程度の料金が請求されるという制度があります。ほとんどの携帯契約者にこのルールが適用されており、「2年縛りルール」とも言われています。

このたび、このルールが消費者契約法に違反していると、京都地方裁判所で判決が出ました。
【読売のサイトより】http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20120719-OYT1T00868.htm

実はこの2年縛りルールは選択制になっています。2年縛りのルールを適用しない契約方法もありますが、そうすると毎月の基本料金などが2倍近くになってしまいます。つまり、携帯の契約者は、下記のいずれかを選択できるのです。

1.毎月の基本料金が半額になるが、2年以内に解約するとペナルティの1万円を払う
2.ペナルティなしで解約できるが、毎月の基本料金は2倍になる

上記1と2のどちらがいいかを考えると、選択した料金プランにもよりますが、ある程度の期間利用するならば、途中解約のペナルティを払っても2の方が得になるケースが多いです。
でも、非常に短期間で解約すると、2の方が高くつきます。
このように携帯の利用者が料金形態を選択することができるので、2年縛りルールが不当な契約とは言えない一面もある、という解釈もあります。


料金を巡るトラブルとしては、最近でもいくつかありますね。
老人ホームを短期間で退去すると、入居一時金のほとんどが返ってこないというトラブル。ほかにも、賃貸不動産の「更新料」が消費者契約法に反するかどうかが争われたトラブルもありました。
ただ、これらの問題は、料金形態について契約者側が選択する余地がありません。携帯の2年縛りルールが、契約者の選択制である点と異なります。


契約者側が選択のうえで納得して契約した料金形態なのか、それとも契約者側に選択肢がなく、しぶしぶ不利な条件をのまざるを得ない料金形態なのか。ここが大きなポイントとなると思いますが、契約をする双方が納得して、平和的に支払う気分になれる料金形態が普及してほしいなあと個人的には思っています。


最後に話をもどしますと、この2年縛りルールは現状、裁判所によって違法と判断されているケースと合法と判断されているケースがあります。最高裁判所での判決ではありませんので、最終的に違法となるのかどうかについては今後も議論が続けられると思います。
また、この問題をきっかけにして、携帯電話の料金プランや契約上のルールに変更が出る可能性もあります。

今後、この問題はどのような展開になっていくのでしょうか。その動向には注目していきたいと思っています。

======================
【次回以降の、FP技能士3級・2級合格勉強会のご案内】
資格取得を目指す方々が集まり、一緒に楽しく学びあう勉強会です。

■7/28(土) テーマ:ライフプランニングと資金計画、リスク管理の2分野(第18回)
■8/18(土) テーマ:金融資産運用とタックスプランニングの2分野(第19回)
■8/26(日) テーマ:相続・事業承継の分野(第20回)

いずれの勉強会も、学科試験対策、実技試験対策の模擬問題を解いた後、答え
合わせは参加者のみなさんで会話をしながらのグループワーク形式で進めていき
ます。参加者同士で交流したり情報交換しながら、楽しく学べる勉強会です★

参加申し込み、詳細はこちらから!
http://money-study.net/fp/session/


======================
【次回以降の、FP知識を活用していく勉強会のご案内】
その名の通り、FP関連知識を日常生活や仕事で役立てていく方法を学ぶ勉強会です。

■8/26(日) 贈与、相続トラブルを回避する方法を学ぼう(第2回)
相続や贈与に関する具体的なトラブル事例をいくつか挙げ、トラブルの解決法や
回避方法について、参加者の皆さんの知識や体験も交えながら学んでいくという
内容です。
FP関連知識も活用し、実際の贈与や相続の現場で役立てられるように勉強会に
したいと思っています。

参加申し込み、詳細はこちらから!
http://money-study.net/fp-k/session/
関連記事
  1. 2012/07/27(金) 21:54:18|
  2. 筆者のつぶやき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

有料老人ホームの契約形態

有料老人ホームの契約形態には2種類あります。

有料老人ホーム・介護付有料老人ホームの多くは「賃貸借契約」ではなく「利用権契約」であるため、契約上住民が住む権利が保証されているわけではありません。したがって、病気になってしまったことなどを理由に退去を求められることは契約上ありえます。

一方、通常の賃貸住宅のように「賃貸借契約」である高齢者向けの賃貸住宅であれば、敷金、礼金の支払いと、以後の家賃を支払う限り、そこに住む権利は保証されます。

通常の賃貸住宅と同じ感覚で老人ホームを契約しても、契約形態が利用権契約であれば、状況によって退去を求められてしまい、驚くというケースもあるようです。
老人ホームの契約の時には、この契約形態まで意識しておくとよいですね。

======================
【次回以降の、FP技能士3級・2級合格勉強会のご案内】
資格取得を目指す方々が集まり、一緒に楽しく学びあう勉強会です。

■7/28(土) 第18回FP技能士3級・2級合格勉強会
今回のテーマ:ライフプランニングと資金計画・リスク管理
試験に出やすい点や間違えやすい点を濃縮した学科試験&実技試験対策の勉強会です。

参加申し込み、詳細はこちらから!
http://money-study.net/fp/session/

======================
【次回以降の、FP知識を活用していく勉強会のご案内】
その名の通り、FP関連知識を日常生活や仕事で役立てていく方法を学ぶ勉強会です。

次回開催日が決まりましたら、お知らせいたします。
関連記事
  1. 2012/07/18(水) 21:54:45|
  2. 不動産
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

延滞税と利子税

これまで何度かにわたり、5月試験で出題された問題の中から、ちょっと難しい問題、見慣れない単語がある問題、答えに迷いやすい問題をピックアップして解説してきました。
今回の書き込みが5月試験に関する最後の解説の書き込みとなります。

最後は、延滞税と利子税の違いについての解説です。


2012年5月 FP技能士2級実技試験(きんざい) 問13より


■延滞税と利子税の共通点
期限までに申告をしなかったり、期限までに税金を納めなかったりした場合に、本来納めるべき税金に加えて追加で納付する税金(附帯税とも言います)であるという点は、延滞税と利子税で共通しています。

■利子税
適切な事情により納付期限までに税金を納めることができないため、事前に届け出を行うなど、事前に一定の手続きを行うことで加算される税金です。例えば、相続税の延納や、所得税の延納によって、この利子税がかかります。
後述の延滞税に比べて、低い年率で課税されます。
納税が完了するまでの日数により、日割り計算で加算されます。

■延滞税
事前に手続きを行うことなく、納付期限までに税金を納めなかった場合に、ペナルティの意味合いで加算される税です。
税率は、納付期限から2ヵ月経過までは年率7.3%(特例4.7%)、それ以降は年率14.6%となっています。
納税が完了するまでの日数により、日割り計算で加算されます。早期に本来の税金を納付しないと、いつまでも延滞税を払い続けることになってしまいます。

■違いをまとめると
納税が遅れてしまうことを事前に認めてもらった場合に課税されるのが利子税、納税遅れを認めてもらうことなく納税しなかった場合に課税されるのが延滞税ということになります。
たとえば延納の手続きは、納税が遅れてしまうことを事前に認めてもらう手続きですから、この場合には利子税が課されることになります。



5月試験の解説はこれで以上です。
今後は、FP試験対策に役立つ内容、役立つFP関連情報について、定期的に書いていこうと思います。

======================
【次回以降の、FP技能士3級・2級合格勉強会のご案内】
資格取得を目指す方々が集まり、一緒に楽しく学びあう勉強会です。

■7/28(土) 第18回FP技能士3級・2級合格勉強会
今回のテーマ:ライフプランニングと資金計画・リスク管理
試験に出やすい点や間違えやすい点を濃縮した学科試験&実技試験対策の勉強会です。

参加申し込み、詳細はこちらから!
http://money-study.net/fp/session/

======================
【次回以降の、FP知識を活用していく勉強会のご案内】
その名の通り、FP関連知識を日常生活や仕事で役立てていく方法を学ぶ勉強会です。

次回開催日が決まりましたら、お知らせいたします。
関連記事
  1. 2012/07/16(月) 11:30:46|
  2. 税金
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FP知識を活用していく勉強会を開催しました

昨日7/8(日)に、FP知識を活用していく勉強会を開催いたしました。

今回の勉強会では、FPとして活躍している方の事例をご紹介し、皆様のFPに対する思いや将来の活用方法などをお聞きしながら進めていく内容となりました。
時間が限られたことと、皆様同士で会話をする時間を確保したかったため、細かい点については十分ご紹介しきれなかった点もありましたが、次回以降の勉強会で機会がありましたらお伝えしていきたいと思っています。

FP知識を活用するという目的の勉強会の第1回目ということで、このようなテーマを取り上げました。次回以降は6分野に関連することを中心に、身近で具体的な内容を扱っていこうと考えています。
FPの資格や知識を積極的に活用していきたい、とお考えの方も多くいらっしゃいますので、そのような思いにこたえる内容を中心に、今後も勉強会を開催していきたいと思っています。

今回の勉強会は、集まった皆さんで会話などをしながら、アットホームな雰囲気で開催できたと思っています。
次回以降のご案内は、このブログやメールマガジンでご案内をいたします。
多くの方にご参加いただき、集まったメンバーで楽しく学ぶ勉強会を目指していきたいと思っていますので、今後ともよろしくお願いいたします!
関連記事
  1. 2012/07/09(月) 21:55:45|
  2. FP関連の勉強会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

事業用建物の購入において、消費税額と減価償却の関係

マンションの1室、ビルの1フロアなどを事業用建物として購入するときの話です。

購入金額の内訳として土地と建物の金額の比率を、ある程度融通を聞かせられる場合があります。

建物の比率が高くなるほど、建物部分にかかる消費税額が増えるため、税込合計金額は高くなります。例えば、合計5000万円の物件を購入するとき、以下のようになります。

・土地3000万円、建物2000万円の内訳の場合
建物は 2000万円×1.05=2100万円 なので、合計額は
3000万円+2100万円=5100万円

・土地2000万円、建物3000万円の内訳の場合
建物は 3000万円×1.05=3150万円 なので、合計額は
2000万円+3150万円=5150万円

このように建物比率を低くすることで、支払総額を抑えることができます。
しかし、建物の減価償却は、あくまでも建物価格の総額までしか行えないので、建物比率を低くするほど減価償却で経費計上できる金額が小さくなる点に注意が必要です。

======================
【次回以降の、FP技能士3級・2級合格勉強会のご案内】
資格取得を目指す方々が集まり、一緒に楽しく学びあう勉強会です。

■7/8(日) 第17回FP技能士3級・2級合格勉強会
今回のテーマ:きんざい(金財)とFP協会の違い、法改正など
9月試験の受験者を対象に、FP技能士の受験に関する疑問に答えたり、参加者同士で情報交換をする勉強会です。

■7/28(土) 第18回FP技能士3級・2級合格勉強会
今回のテーマ:ライフプランニングと資金計画・リスク管理
試験に出やすい点や間違えやすい点を中心にした、学科試験&実技試験対策の勉強会です。

参加申し込み、詳細はこちらから!
http://money-study.net/fp/session/


======================
【次回以降の、FP知識を活用していく勉強会のご案内】
その名の通り、FP関連知識を日常生活や仕事で役立てていく方法を学ぶ勉強会です。

■7/8(日) 第1回FP知識を活用していく勉強会
テーマ:FP資格保持者の活動・活躍を学ぼう
FPとしての様々な活動内容や、FPの知識を活用方法について広く学びあう勉強会です。

参加申し込み、詳細はこちらから!
http://money-study.net/fp-k/session/
関連記事
  1. 2012/07/04(水) 19:57:56|
  2. 不動産
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

著者:「FPの知恵・要望を結集した無料のライフプランソフトFinancial Teacher System」開発チーム代表 佐藤潔之

著者:「FPの知恵・要望を結集した無料のライフプランソフトFinancial Teacher System」開発チーム代表 佐藤潔之



金融業界でシステム開発に関わっているITコンサルタント・システムエンジニアです。当ライフプランソフト(家計分析シミュレーションソフト)はどなたでも使えるフリーソフトなので、どうぞご利用ください。

マネーやFPに関する勉強会を複数運営しています。詳しくは下記リンクの項目をご覧ください。

保有資格:FP1級/証券外務員1種/簿記2級/データベーススペシャリスト/情報セキュリティスペシャリスト/応用情報技術者/Microsoft認定ITプロフェッショナル

リンク

QRコード

QR

検索フォーム

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

未分類 (4)
FP関連の勉強会 (36)
ライフプラン・家計 (34)
年金・社会保険 (38)
保険・リスク管理 (52)
金融資産運用・経済 (58)
税金 (30)
不動産 (45)
贈与・民法 (14)
相続・事業承継 (49)
FP試験関連 (4)
ビジネススキル (12)
筆者のつぶやき (47)
マーケティング (10)
ライフプランソフト/金融シミュレーションソフト (162)
IT関連 (33)

RSSリンクの表示

月別アーカイブ