FPの知恵・要望を結集したライフプランソフト開発ブログ

家計分析・シミュレーションソフト「FinancialTeacherSystem」や、家計に関する情報をお届けしています

「プロ向けファンド」の言葉の定義、やっぱりおかしい

金融界では「プロ向けファンド」なるものがあります。
機関投資家などの投資のプロを対象にして販売されているものが、プロ向けファンドと呼ばれることもあります。

プロ向けファンドは、証券会社が不特定多数の個人顧客に販売するファンドに比べて、法規制が緩いです。
プロ向けファンドは、証券会社が販売しているファンドよりも、簡単に組成して(立ち上げて)販売することが認められているのです。

しかしこのプロ向けファンド、実は販売先が49人以下の場合には、「投資のプロ以外の人」に売ることも認められています。

ということで、この緩い規制のプロ向けファンドが悪用され、詐欺被害も出ています。
なにしろ49人以下を対象にすれば、緩い規制の下で、資産運用の基本を知らない素人に、販売ができるのですから。

投資の素人にも売ってよい「プロ向けファンド」。
この言葉には、いつも違和感を感じます。

もとは、本当に少数のプロだけに販売するものを前提としていたのでしょう。購入者も少数とは言えども投資のプロなので、細かい法規制も不要だったのかもしれません。
しかしこの法規制の網を潜り抜け、素人に売るという「悪用」が絶えないので、国も対策に乗り出そうとしています。
購入者に対するリスクの説明、ファンドに対する情報開示義務などを課そうとしています。

でも結局、投資の素人にも売れるという制度そのものは、変わらないようです。

「プロ向けファンド」は、「詐欺のプロが使うからプロ向けファンド」などという冷やかし言葉もあります。

「プロ向けファンド」という言葉に違和感はありますが、プロだけが対象の「プロ向けファンド」になるとか、素人投資家がだまされないような環境がきちんと生まれる環境にならないと、問題はいつになっても解消しないのかな、と思います。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2015/03/29(日) 08:19:20|
  2. 金融資産運用・経済
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

自分のサイトが、Googleでスマホ対応として認定されているかを簡単に知る方法

自分のサイトが、Googleでスマホ対応として認定されているかを簡単に知る方法

4月21日から、スマホ対応しているサイトはGoogle検索結果で上位表示され、スマホ対応していないサイトは逆に下位に表示されるようになることが決まっています。
自身が管理しているサイトが、スマホ対応サイトとしてGoogleが認識しているかどうかを、下記サイトで簡単に把握できます。

Google モバイルフレンドリーテスト
https://www.google.com/webmasters/tools/mobile-friendly/?hl=ja

自分のサイトのURLを入れれば、スマホ対応かどうかをすぐに判定してくれます。
このモバイルフレンドリーテストでスマホ対応と表示されていれば、4月21日から検索結果のランキングが下がる事態を避けられます。
気になる方は、一度やってみてください。
関連記事
  1. 2015/03/27(金) 06:41:43|
  2. マーケティング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ライフプランソフト バージョンアップ / 平成27年度の年金改正対応

「FPがみんなで作る無料のライフプランソフト」がコンセプトの Financial Teacher Systemが、バージョンアップしました。
今回のバージョンアップ内容は、次の通りです。

 
<新機能追加>
●1
平成27年度の年金改正に対応しました。下記の金額、数値を、当ライフプランでは使用いたします。

基礎年金額の満額:780,100円
物価スライド率:0.970
2015年(平成27年)4月以降の国民年金保険料額:月額15,590円
2016年(平成28年)4月以降の国民年金保険料額:月額16,260円
2017年(平成29年)4月以降の国民年金保険料額:月額16,540円(※当ソフトでは、2016年度より280円増額した額を使用します。)

●2
ユーザー登録ページに、説明書きを追加し、よりわかりやすくしています。

上記の機能は、すでに利用可能な状況になっています。
どうぞご利用ください。

 

他、ライフプランソフト機能、画面紹介ページの一部を更新しています。

 
FPがみんなで作る無料のライフプランソフト Financial Teacher Systemは、FPの皆様から寄せられるご要望を次々と実現しています。
複雑化するファイナンシャルプランニング業務を、より柔軟に効率よく行えるよう、豊富な機能と、使いやすさを追求しています。

当ライフプランソフトへのご要望は常時受け付けていますので、お気軽にご連絡ください。
今後も「FPがみんなで作る無料のライフプランソフト」がコンセプトのFinancial Teacher Systemを、引き続きよろしくお願いいたします。

 
FPがみんなで作る無料のライフプランソフト Financial Teacher System 公式サイト
http://financial-teacher.net/

Financial Teacher Systemのfacebookページ(最新情報の提供、ソフトへの意見交換の場として活用しています)
https://www.facebook.com/financialteachersystem

 
関連記事
  1. 2015/03/26(木) 00:53:41|
  2. ライフプランソフト/金融シミュレーションソフト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

パワーポイントで「画面表示するが印刷しない」ができない

パワーポイントで資料を作っていたのですが、画面でスライドショーで表示はするものの、印刷の際にはそのスライドを印刷させたくない、ということがどうもできないようです。
こういう機能があったら、とても助かったのですが・・・

逆に、「印刷はするけれども、スライドショーでは非表示にする」という機能はあるんですよね。
スライド単位で、スライドショーの非表示設定が可能です。

うーん、その逆パターンも実現してもらえると助かるのですが。
次のパワーポイントの次のバージョンでは対応してほしいなあ。個人的な要望ですけれど。
関連記事
  1. 2015/03/24(火) 21:09:19|
  2. IT関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

みずほ銀行が、店頭でロボット接客を開始

今年7月から、みずほ銀行の一部支店で、ソフトバンクが提供するロボット「Pepper」を投入し、接客業務を行うそうです。

Pepperが何をするかといえば、どうやら単に情報提供にとどまるようです。
今でも、銀行の待合場所にはテレビ端末が置いてあり、金利やサービスの案内をいわばビデオ放送のような形式で届けています。他、パンフレットも置いてあり、これらを使って銀行の商品紹介など、情報提供を行っています。

Pepperを導入後は、このロボットが顧客のところに移動して、いわば顧客に対面してロボットが情報提供をすることから、これを「接客業務」と表現しているようです。

ですので、いわゆる窓口業務(テラー業務)をPepperが行うわけではないと思われます。

ただ、銀行側も、このロボット接客で何らかの情報・ノウハウを得たのち、もしかしたらテラー業務に応用することを検討するかもしれません。
すでに言われ始めていることですが、コンピュータを使った言語解析機能などを駆使すれば、今は人が行っている窓口業務をコンピュータ化できる可能性が見えてきています。
その実現に一歩踏み出すのかどうか、個人的には興味があります。

銀行にしても、ロボットを使って機械的にではあっても、来店する顧客の対応ができるならサービス向上&人件費の削減につなげられます。もっと応用すれば、インターネットを活用し、既存の銀行業務を来店不要なかたちでサービスを変えていけるかもしれません。

銀行業務そのものがIT化していくのかどうか、注目したいと思います。
関連記事
  1. 2015/03/23(月) 20:13:47|
  2. 金融資産運用・経済
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

自転車保険の加入義務化、実行力はあるのでしょうか

兵庫県では条例で、自転車保険の加入を義務付けることにしたそうです。

兵庫県で自転車を買おうとすると、自転車保険に入ってないと売らない、とまではしないと思います。
警察も、自転車保険に加入しているかどうかをチェックするようなことも、しないでしょう。
しかも罰則規定はなく、実質的には義務付けでもなんでもない制度といえます。

うーん、こんな制度で義務化と名付ける、実行力のない条例を作ることに意味があるのでしょうか。
なんだか微妙な感じはします。

■兵庫県、自転車保険の加入義務化 全国初の条例
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG18H34_Y5A310C1CC0000/
関連記事
  1. 2015/03/22(日) 19:42:32|
  2. 保険・リスク管理
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

著者:「FPの知恵・要望を結集した無料のライフプランソフトFinancial Teacher System」開発チーム代表 佐藤潔之

著者:「FPの知恵・要望を結集した無料のライフプランソフトFinancial Teacher System」開発チーム代表 佐藤潔之



金融業界でシステム開発に関わっているITコンサルタント・システムエンジニアです。当ライフプランソフト(家計分析シミュレーションソフト)はどなたでも使えるフリーソフトなので、どうぞご利用ください。

マネーやFPに関する勉強会を複数運営しています。詳しくは下記リンクの項目をご覧ください。

保有資格:FP1級/証券外務員1種/簿記2級/データベーススペシャリスト/情報セキュリティスペシャリスト/応用情報技術者/Microsoft認定ITプロフェッショナル

リンク

QRコード

QR

検索フォーム

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

未分類 (4)
FP関連の勉強会 (36)
ライフプラン・家計 (34)
年金・社会保険 (38)
保険・リスク管理 (52)
金融資産運用・経済 (58)
税金 (30)
不動産 (45)
贈与・民法 (14)
相続・事業承継 (49)
FP試験関連 (4)
ビジネススキル (12)
筆者のつぶやき (47)
マーケティング (10)
ライフプランソフト/金融シミュレーションソフト (156)
IT関連 (33)

RSSリンクの表示

月別アーカイブ