FC2ブログ

FPの知恵・要望を結集したライフプランソフト開発ブログ

家計分析・シミュレーションソフト「FinancialTeacherSystem」や、家計に関する情報をお届けしています

事実婚の方の年金アドバイス:年金法上の配偶者と子の定義

年金法上においては、配偶者は、法律上の夫婦はもちろんのこと、いわゆる事実婚の場合も配偶者と見なされ、年金の受給権が発生します。

ただし子は、その親と同じ戸籍に入っていなければ、子とはみなされません。そのため事実婚の状態である配偶者の実子を認知をしていない場合などは、年金法上の子とはみなされず、その子に年金の受給権は発生しないことになります。

何ともややこしいですね。。。

海外では、事実婚を容認する国もあります。
そういう報道が増えているせいか、結婚という手順を踏まないライフスタイルの人たちもいますし、そういうライフスタイルもありだと考えている方も少しずつですが増えているようです。

ただ、日本の年金制度の受給ルールは日本固有のルールですから、FPによる事実婚の方へのアドバイスでは、上記の点も理解しておくことは重要かと思います。
関連記事
スポンサーサイト



  1. 2013/02/24(日) 10:14:48|
  2. 年金・社会保険
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

著者:「FPの知恵・要望を結集した無料のライフプランソフトFinancial Teacher System」開発チーム代表 佐藤潔之

著者:「FPの知恵・要望を結集した無料のライフプランソフトFinancial Teacher System」開発チーム代表 佐藤潔之



金融業界でシステム開発に関わっているITコンサルタント・システムエンジニアです。当ライフプランソフト(家計分析シミュレーションソフト)はどなたでも使えるフリーソフトなので、どうぞご利用ください。

マネーやFPに関する勉強会を複数運営しています。詳しくは下記リンクの項目をご覧ください。

保有資格:FP1級/証券外務員1種/簿記2級/データベーススペシャリスト/情報セキュリティスペシャリスト/応用情報技術者/Microsoft認定ITプロフェッショナル

リンク

QRコード

QR

検索フォーム

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

未分類 (13)
FP関連の勉強会 (36)
ライフプラン・家計 (34)
年金・社会保険 (38)
保険・リスク管理 (52)
金融資産運用・経済 (58)
税金 (30)
不動産 (45)
贈与・民法 (14)
相続・事業承継 (49)
FP試験関連 (4)
ビジネススキル (12)
筆者のつぶやき (47)
マーケティング (10)
ライフプランソフト/金融シミュレーションソフト (228)
IT関連 (33)

RSSリンクの表示

月別アーカイブ