FC2ブログ

ライフプランソフト(家計シミュレーションソフト) Financial Teacher System 最新情報

FPのノウハウを結集した無料のライフプランソフト「FinancialTeacherSystem」に関する情報をお届け!

相続財産が不明の場合の対応

いざ相続が発生しても、被相続人の財産に関する情報がなく、財産の特定が困難な場合があります。

そのようなときは、被相続人の通帳や、不動産の登記識別情報などを調査します。
それ以外にも、被相続人宛ての郵便物から、利用している金融機関や取引関係、納税記録が把握できる場合があります。

それらをもとに、相続財産を特定していくことができます。
亡くなった後にも送られてくる郵便物も確認するとよいです。

もちろん、あわてなくて済むように、生前に財産をリストアップできるのが望ましいのですけれどね。
関連記事
スポンサーサイト



  1. 2013/02/20(水) 22:27:04|
  2. 相続・事業承継
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<在職老齢年金と加給年金との関係 | ホーム | 住宅ローン控除の適用後に、3000万円特別控除を利用する場合の注意点>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://financialteacher.blog.fc2.com/tb.php/186-5de26def
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

著者:Financial Teacher System 開発チーム代表 佐藤潔之

著者:Financial Teacher System 開発チーム代表 佐藤潔之
.
金融業界のITコンサルタント・システムエンジニアです。FP、金融機関などお金の専門家のコンサルティング、業務サポートが本業です。
ボランティアベースでこのライフプランソフト(家計分析シミュレーションソフト)を開発しています。多くの方のお金の課題解決につながるよう、どなたでも使えるフリーソフトとして提供しています。

リンク

QRコード

QR

検索フォーム

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

未分類 (15)
FP関連の勉強会 (36)
ライフプラン・家計 (34)
年金・社会保険 (38)
保険・リスク管理 (52)
金融資産運用・経済 (58)
税金 (30)
不動産 (45)
贈与・民法 (14)
相続・事業承継 (49)
FP試験関連 (4)
ビジネススキル (12)
筆者のつぶやき (47)
マーケティング (10)
ライフプランソフト/金融シミュレーションソフト (249)
IT関連 (33)

RSSリンクの表示

月別アーカイブ