FC2ブログ

ライフプランソフト(家計シミュレーションソフト) Financial Teacher System 最新情報

FPのノウハウを結集した無料のライフプランソフト「FinancialTeacherSystem」に関する情報をお届け!

遺留分減殺請求をした人が、相続税を払わなくていい場合がある

今日知った相続事例です。

遺留分を侵害した遺産分割案件があったとします。

遺留分を侵害された相続人(Aさんとします)が、遺留分の減殺請求を行うことにしました。

遺留分の減殺請求を行う前に、すでに相続税の納税が完了していた場合には、遺留分を取得したAさんは相続税を支払う必要はないのだそうです。

ただし、Aさんから減殺請求された立場の人(遺留分の財産を分け与えた人、Bさんとします)が、相続税の更正の請求をした場合には、Bさんには減殺請求分に相当する相続税額が還付されるとともに、Aさんにその税額分が国税庁から支払いを求められるようになります。
Bさんにとっては、相続税の払い過ぎの状態になっているわけですから、これを清算する権利が認められているわけです。

この手続きを行うためには、AとBとの間で話し合いがついた時点から4か月以内に、Bさんが更正の請求を行う必要があります。


このように、遺留分を請求した人が相続税を払わなくていい場合があります。
また、遺留分減殺請求権にもとづいて、各相続人間で相続税の負担額の調整も行えるのです。

減殺請求に関わる事例において、役立つ知識になると思います。
関連記事
スポンサーサイト



  1. 2014/03/30(日) 08:15:31|
  2. 相続・事業承継
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<プレゼン、講演、社員教育で、大事なポイントを理解してもらうコツ | ホーム | マイナンバー制度と預金口座を紐づけたときのメリット>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://financialteacher.blog.fc2.com/tb.php/300-0ecc6d68
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

著者:Financial Teacher System 開発チーム代表 佐藤潔之

著者:Financial Teacher System 開発チーム代表 佐藤潔之
.
金融業界のITコンサルタント・システムエンジニアです。FP、金融機関などお金の専門家のコンサルティング、業務サポートが本業です。
ボランティアベースでこのライフプランソフト(家計分析シミュレーションソフト)を開発しています。多くの方のお金の課題解決につながるよう、どなたでも使えるフリーソフトとして提供しています。

リンク

QRコード

QR

検索フォーム

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

未分類 (15)
FP関連の勉強会 (36)
ライフプラン・家計 (34)
年金・社会保険 (38)
保険・リスク管理 (52)
金融資産運用・経済 (58)
税金 (30)
不動産 (45)
贈与・民法 (14)
相続・事業承継 (49)
FP試験関連 (4)
ビジネススキル (12)
筆者のつぶやき (47)
マーケティング (10)
ライフプランソフト/金融シミュレーションソフト (249)
IT関連 (33)

RSSリンクの表示

月別アーカイブ