FC2ブログ

ライフプランソフト(家計シミュレーションソフト) Financial Teacher System 最新情報

FPのノウハウを結集した無料のライフプランソフト「FinancialTeacherSystem」に関する情報をお届け!

ゆうちょ銀行がワンタイムパスワードを導入/インターネット送金被害の対策が急ピッチで進んでいる

今日は、インターネットセキュリティのお話です。

昨今、インターネット不正送金の被害が大きくなっています。攻撃者側も、さまざまな手法で銀行口座を狙い、不正に金銭を取得しようと試みています。
それに対応するため、各金融機関も様々な対策に乗り出しています。


私のところに、先日ゆうちょ銀行から案内が来ました。

セキュリティ強化策に伴い、利用者に専用のパスワード生成機(これをトークンといいます)を配るとのことです。
この機械は、1度しか使えないパスワードを60秒ごとに発行する機械です。この機械で、いわゆるワンタイムパスワード方式による利用者認証を実現できることになります。

ワンタイムパスワード方式の利点は、次の2点です。

1. その機械の所有者でなければ送金を行えないので、他人による送金を防止できる
2. 万一パスワードを破られても、その有効期限が極めて短い(このゆうちょ銀行の例だと、有効期限は60秒、かつ1回利用するとそのパスワードは使えなくなる)ので、繰り返し被害に遭う可能性を下げられる

ゆうちょ銀行は、今後インターネットバンキングによる振込や振替は、このワンタイムパスワード方式を必須とする予定だそうです。


この機械を口座の所有者に配るということは、その製造コストや通知に関するコストなど、様々な費用をかけてでも金融機関が対策をしなければならなくなった、ということを意味します。

セキュリティのレベルを上げるほど、利用者側の利便性は低下します。
しかしながら利便性の良さが、攻撃者側のメリットになっているという一面もあります。


技術の進歩に伴い、セキュリティ・防犯対策をすべき利用者側にも、高いレベルを要求されつつあります。
すでに言い古されている対策だけでなく、新しい被害に対応するための対策方法を勉強していくことも求められます。

今回のゆうちょ銀行のワンタイムパスワードについてのお知らせは、次のページでもご紹介されています。
http://www.jp-bank.japanpost.jp/news/2014/news_id001031.html

他の金融機関をご利用の方も、こういった案内が来た時には注目してくださいね。
被害に遭ってからでは遅いですから、皆様も積極的に対策法を学び、実践するよう心掛けていただければと思います。
関連記事
スポンサーサイト



  1. 2014/05/30(金) 10:16:21|
  2. IT関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<リスクについての勉強会で、講師を務めました | ホーム | Financial Teacher System 週次システム更新のお知らせ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://financialteacher.blog.fc2.com/tb.php/319-91cdd133
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

著者:Financial Teacher System 開発チーム代表 佐藤潔之

著者:Financial Teacher System 開発チーム代表 佐藤潔之
.
金融業界のITコンサルタント・システムエンジニアです。FP、金融機関などお金の専門家のコンサルティング、業務サポートが本業です。
ボランティアベースでこのライフプランソフト(家計分析シミュレーションソフト)を開発しています。多くの方のお金の課題解決につながるよう、どなたでも使えるフリーソフトとして提供しています。

リンク

QRコード

QR

検索フォーム

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

未分類 (15)
FP関連の勉強会 (36)
ライフプラン・家計 (34)
年金・社会保険 (38)
保険・リスク管理 (52)
金融資産運用・経済 (58)
税金 (30)
不動産 (45)
贈与・民法 (14)
相続・事業承継 (49)
FP試験関連 (4)
ビジネススキル (12)
筆者のつぶやき (47)
マーケティング (10)
ライフプランソフト/金融シミュレーションソフト (249)
IT関連 (33)

RSSリンクの表示

月別アーカイブ