FC2ブログ

ライフプランソフト(家計シミュレーションソフト) Financial Teacher System 最新情報

FPのノウハウを結集した無料のライフプランソフト「FinancialTeacherSystem」に関する情報をお届け!

小規模宅地等の評価減の特例を、2世帯住宅に適用する場合

相続などで取得した被相続人の土地の一定面積を、80%評価減できる特例があります。
これを「小規模宅地等の評価減の特例」といいます。

FP技能士を受験する方は、出題確率の高い内容です。
テキストなどでしっかり理解を深めましょう。


さて、この特例を被相続人が所有する土地に建てられた2世帯住宅に適用するときのルールについてご紹介します。
(2世帯住宅の場合についてはFP技能士試験にはおそらく出ないと思いますが、2級を受ける方は参考情報として知っておいてください)

2世帯住宅のうち、玄関を2世帯で共有している建物については、土地のすべてに対して80%の評価減を適用できます。
一方、2世帯住宅のうち、それぞれの世帯で玄関が分かれており、建物の構造がそれぞれの世帯で区分されている建物については、親世帯(被相続人の世帯)と子世帯(相続人の世帯)の建物の面積で按分した比率で、土地に対して80%の評価減を適用できます。

例)1億円の親の土地を相続した場合

A.玄関を2世帯で共有している場合
土地のすべてに対して評価減の特例を使えるので、土地評価額は、
1億円×0.2=2000万円

B.玄関が分かれている2世帯住宅の場合
(子世帯、親世帯ともに同じ延床面積とする)
土地評価額は、
親世帯:1億×1/2×0.2=1000万円(こちらのみ特例が使える)
子世帯:1億×1/2=5000万円
よって、合計の土地評価額は6000万円。

玄関の違いで土地評価額まで変わるんですね。
相続のことまで考える場合は、参考にしたほうがよいですね。
関連記事
スポンサーサイト



  1. 2011/07/22(金) 23:38:19|
  2. 相続・事業承継
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<日本が財政破たんしたらどうなるか、の仮説 | ホーム | 不動産の仲介手数料について>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://financialteacher.blog.fc2.com/tb.php/33-b2d30286
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

著者:Financial Teacher System 開発チーム代表 佐藤潔之

著者:Financial Teacher System 開発チーム代表 佐藤潔之
.
金融業界のITコンサルタント・システムエンジニアです。FP、金融機関などお金の専門家のコンサルティング、業務サポートが本業です。
ボランティアベースでこのライフプランソフト(家計分析シミュレーションソフト)を開発しています。多くの方のお金の課題解決につながるよう、どなたでも使えるフリーソフトとして提供しています。

リンク

QRコード

QR

検索フォーム

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

未分類 (15)
FP関連の勉強会 (36)
ライフプラン・家計 (34)
年金・社会保険 (38)
保険・リスク管理 (52)
金融資産運用・経済 (58)
税金 (30)
不動産 (45)
贈与・民法 (14)
相続・事業承継 (49)
FP試験関連 (4)
ビジネススキル (12)
筆者のつぶやき (47)
マーケティング (10)
ライフプランソフト/金融シミュレーションソフト (249)
IT関連 (33)

RSSリンクの表示

月別アーカイブ