FC2ブログ

FPの知恵・要望を結集したライフプランソフト開発ブログ

家計分析・シミュレーションソフト「FinancialTeacherSystem」や、家計に関する情報をお届けしています

住友生命が、配当金の額を誤って支払っていた

数日前ですが、住友生命が支払った保険の配当金に、誤りがあったと発表されました。
契約者に支払う配当金を計算するプログラムにバグがあったためです。
全部の保険ではなく、一部の保険で発生した事象です。

バグの仕組みは、こうです。
配当金を毎月支払うか、年に1回まとめて支払うかを契約者が選択でき、いつでも変更できるようになっていましたが、支払回数が変わっても、支払額が変わらないというバグだったのです。

わかりやすく説明すると・・・

 
例えば、配当金をある契約者に年に1回12000円支払っていたとします。この契約者が配当金を月払いに変更したとき、12000÷12=1000円を毎月支払うことになります。
しかし金額が変わらないので、毎月12000円もらえることになり、なんと12倍も多く配当金を受け取ったことになるのです。

逆に、別の契約者に毎月1000円の配当金を支払っており、この契約者が配当金を年払いに変更したとき、1000×12=12000円を年に1回支払うことになります。
しかし金額が変わらないので、年に1度1000円だけしかもらえず、通常の1/12の配当金しか受け取れないことになっていました。

 

配当金を少なく受け取っていた契約者には、その差額に利息を付けて支払うそうです。
逆に配当金を多く払っていた契約者には、差額を返金するよう、訪問などで説明をしていくそうです。
いずれのケースも、対象者には個別に連絡がいくはずです。

なお、配当金の額が変わると、生命保険料控除の額も変わるため、場合によっては確定申告のやり直し(修正申告)が必要になる場合もあります。申告のやり直しは、めんどうですね・・・。

 
配当金計算プログラムが、複数のプログラムで構成されており、その連携上のミスで配当金の計算が誤ってしまったようです。
もしかしたら、開発者が配当金の計算の仕組みを十分理解しておらず、計算ロジックが必要以上に複雑に作り込まれていたのかもしれませんね。真の原因は、当事者でないのでわからないのですけれど。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2015/01/24(土) 21:44:46|
  2. 保険・リスク管理
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<バージョンアップのための大規模メンテナンスのお知らせ | ホーム | 次期Windows10は無償で利用できるそうで>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://financialteacher.blog.fc2.com/tb.php/388-05d0d1f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

著者:「FPの知恵・要望を結集した無料のライフプランソフトFinancial Teacher System」開発チーム代表 佐藤潔之

著者:「FPの知恵・要望を結集した無料のライフプランソフトFinancial Teacher System」開発チーム代表 佐藤潔之



金融業界でシステム開発に関わっているITコンサルタント・システムエンジニアです。当ライフプランソフト(家計分析シミュレーションソフト)はどなたでも使えるフリーソフトなので、どうぞご利用ください。

マネーやFPに関する勉強会を複数運営しています。詳しくは下記リンクの項目をご覧ください。

保有資格:FP1級/証券外務員1種/簿記2級/データベーススペシャリスト/情報セキュリティスペシャリスト/応用情報技術者/Microsoft認定ITプロフェッショナル

リンク

QRコード

QR

検索フォーム

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

未分類 (11)
FP関連の勉強会 (36)
ライフプラン・家計 (34)
年金・社会保険 (38)
保険・リスク管理 (52)
金融資産運用・経済 (58)
税金 (30)
不動産 (45)
贈与・民法 (14)
相続・事業承継 (49)
FP試験関連 (4)
ビジネススキル (12)
筆者のつぶやき (47)
マーケティング (10)
ライフプランソフト/金融シミュレーションソフト (217)
IT関連 (33)

RSSリンクの表示

月別アーカイブ