FC2ブログ

FPの知恵・要望を結集したライフプランソフト開発ブログ

家計分析・シミュレーションソフト「FinancialTeacherSystem」や、家計に関する情報をお届けしています

居住用財産の3000万円特別控除の特例

この特例は、不動産の売却益から3000万円を控除して課税してもらえる特例です。原則として居住用の建物の譲渡、または居住用の建物と併せてその建物が建っている土地の譲渡に対して適用できます。
FP技能士試験では、このいずれの場合も、建物または建物と土地が、同一の所有者であるケースで出題されることがほとんどです。

↑ここまでは多くのFPテキストに載っている内容です。
↓ここからは、FPテキストにあまり載っていない一歩進んだ内容です。

■対象の建物が共同所有されている場合

例えば居住用の建物が夫婦の共有名義になっていたり、複数の兄弟で共同所有の形態をとっている場合です。
この場合は、それぞれの共同所有者が、居住用財産の3000万円控除の特例を利用することができます。したがって、2人が所有していれば2人合わせて計6000万円分まで控除の特例を適用できるということです。


■建物と土地の所有者が異なる場合

建物と土地の所有者が異なる場合に、建物と土地のそれぞれの持ち主に対して居住用財産の3000万円控除の特例が使えるかどうかという話です。
まず、建物については、3000万円控除の特例が適用できます。
土地については、以下の要件を満たした場合に特例の適用が可能です。
・建物と土地を、同時に譲渡する
・建物の所有者と、土地の所有者が、生計を一にしている親族関係である
・土地の所有者は、その建物の所有者とともに、その建物に住んでいる

適用できる金額ですが、建物と土地の譲渡金額に対して併せて3000万円となります。言い換えると、建物の所有者が3000万円の控除、土地の所有者も3000万円の控除、というふうに受けられるわけではありません。
より具体的には、まず建物の所有者に対して3000万円の控除が適用されます。これで控除しきれなかった残額があれば、土地の所有者に対してその残額が控除の対象となります。
例えば、建物の所有者が2500万円の控除を受けたら、続いて土地の所有者は500万円まで控除できる、というわけです。


■建物と土地の所有者が異なる場合で、かつ建物が共同所有の場合

さらにルールはややこしくなります。
まず、建物の共同所有者のそれぞれに対して、3,000万控除の特例を適用します。
これで控除しきれない金額があれば、建物の各所有者の控除しきれなかった金額を合算します。土地に対して適用できる控除特例の金額は、この合算金額となります。ただし、合算金額が3000万円を超えている場合は、土地に対して適用できる控除額は3000万円となります。そもそもこの制度は「3000万の特別控除」ですから、合算金額が3000万円を超えていても、3000万円が上限となるわけです。

======================
【次回 FP技能士合格勉強会のご案内】
12/11(日) 第10回FP技能士合格勉強会
■今回のテーマ
今回のテーマは「金融資産運用」です。金融資産運用の分野全般にわたって学習する内容にしています。
さらに、問題を解きながらも、自ら資産運用をしていくときのコツも学べるようにしています。実際の投資にも役立てられる内容として構成していますよ。

12/18(日) 第11回FP技能士合格勉強会
■今回のテーマ
今回のテーマは「タックスプランニングと確定申告」です。主に所得税に関する点を中心に学習する内容にしています。
今回の勉強会は、FP試験対策の問題を解いていきながら、確定申告の模擬体験もできるのが特徴です。
確定申告というと敷居が高そうに感じますが、FP協会の実技試験対策にもなりますし、また自ら確定申告をするときのコツも学べます!

このように、単なるFP技能士の試験対策だけでなく、試験範囲の内容を日常生活に役立てたり、FP実務に応用する内容も盛り込んだ勉強会です。
当勉強会には、受験有無、受験日時、学習の進度に関係なく、どなたでもご参加いただけます。2級の資格取得済みの方の参加も可能です。

申し込み、詳細はこちらから!
http://money-study.net/fp/session/
関連記事
スポンサーサイト



  1. 2011/12/02(金) 22:06:53|
  2. 不動産
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<所得税における年金受給者の扶養家族 | ホーム | 国民健康保険料の特別徴収>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://financialteacher.blog.fc2.com/tb.php/94-dc56bb44
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

著者:「FPの知恵・要望を結集した無料のライフプランソフトFinancial Teacher System」開発チーム代表 佐藤潔之

著者:「FPの知恵・要望を結集した無料のライフプランソフトFinancial Teacher System」開発チーム代表 佐藤潔之



金融業界でシステム開発に関わっているITコンサルタント・システムエンジニアです。当ライフプランソフト(家計分析シミュレーションソフト)はどなたでも使えるフリーソフトなので、どうぞご利用ください。

マネーやFPに関する勉強会を複数運営しています。詳しくは下記リンクの項目をご覧ください。

保有資格:FP1級/証券外務員1種/簿記2級/データベーススペシャリスト/情報セキュリティスペシャリスト/応用情報技術者/Microsoft認定ITプロフェッショナル

リンク

QRコード

QR

検索フォーム

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

未分類 (13)
FP関連の勉強会 (36)
ライフプラン・家計 (34)
年金・社会保険 (38)
保険・リスク管理 (52)
金融資産運用・経済 (58)
税金 (30)
不動産 (45)
贈与・民法 (14)
相続・事業承継 (49)
FP試験関連 (4)
ビジネススキル (12)
筆者のつぶやき (47)
マーケティング (10)
ライフプランソフト/金融シミュレーションソフト (224)
IT関連 (33)

RSSリンクの表示

月別アーカイブ